鎧さんの戦闘力が高いと言われる理由まとめ

自動下書き 鎧さんまとめ
自動下書き

討伐の取りまとめをおこなっている

鎧さんはちいかわ族に労働でキメラ討伐を斡旋しています。

キメラはちいかわ族を襲う生き物ですが、中には友好型のキメラがいたりと、キメラだからちいかわ族に有害というわけではありません。

討伐対象になるのはちいかわ族に有害となるキメラなので、鎧さんたちはキメラが友好型か否かを判断して討伐対象を決めているようです。

また、相手の強さを判断するには、自身にも相応の強さが必要であると考えることができるため、鎧さんは戦闘力が高いと考察することができます。

鎧という見た目

鎧さんは鎧を身に着けているような姿をしています。

鎧というのは身を守るための道具で、戦う人が身につけているイメージが強いものです。

ちいかわ族の見た目は丸みを帯びたフォルムで非戦闘イメージのデザインが多いのに対して、鎧さんは戦闘に用いるもので見た目が構成されていて、異彩を放っていることが強そうに見える一因の可能性があります。

呪いが効かない

2021年9月8日に投稿された妖精編の一部では、呪いを弾くシーンがありました。

うさぎがリサイクルショップから買ってきた、謎の木彫像が出した触覚に刺されるとちいかわたちは妖精のような姿になってしまいました。

魔法の杖のように、木彫りの像も呪いを付与するアイテムのようです。

ちいかわたちが妖精となったことで手放してしまった木彫りの像を鎧さんが拾いますが、鎧が硬いために木彫りの像の触覚が刺さりませんでした。

呪いを付与する触覚が刺さらなかったので鎧さんが妖精化することなく、鎧さんは木彫りの像は楽器と勘違いしてしまいます。

物理的な防御だけではなく、呪いも防げることから鎧さんが強そうに見えてしまうようです。

そこそこのキメラには動じない

2021年1月2日に投稿されたエピソードでは、うさぎの形をした擬態型のキメラが出ました。

歌と手遊びでちいかわたちを油断させてから、両手に付いた鉄球と足についた車輪でちいかわたちに襲いかかりました。

ちいかわたちが擬態型キメラに襲われているところを見た鎧さんは「擬態型か~?」と比較的のんびりと喋っていて、キメラに対して動じていないのがわかります。

キメラ相手に動じないということは、自身がキメラに倒されることを考えていないということです。

自身の戦闘力に自信があるように見えるため、強そうに見えると考えられます。

ギチギチ虫を追い払った

コミック4巻の描き下ろし漫画にて、鎧さんが戦うシーンが描かれました。

ピクニックをしていたポシェットの鎧さんがギチギチ虫と出会い、追い払うためにちいかわたちに貰ったメリケンサックでギチギチ虫を殴って追い払います。

鎧さんの明確な戦闘描写は非常にレアであり、またギチギチ虫をきっちり追い払っているためなかなかに戦闘力が高いことがわかります。

判断力に優れている

2021年3月31日に投稿された小さなお友達編では鎧さんが、ちいかぶを擬態型かと疑うシーンがありました。

鎧さんはちいかわとハチワレ、うさぎの連れているちいかぶを擬態型かもしれないと疑いましたが、ちいかぶのおもてなし力を見て、友好型だと判断します。

鎧さんが友好型と判断したのも束の間、ちいかぶが筋骨隆々な姿へと変貌してしまいました。

鎧さんは即時に友好型という判断を覆して、擬態型であったと判断してちいかわとハチワレ、うさぎを連れて逃げます。

鎧さんは戦う力は有しているけれど、ちいかわたちを庇いながら戦闘するのは厳しいと判断したのか、またはちい株が自身よりも強い相手であると判断して逃げた可能性が考えられます。

判断力の速さは生存力に繋がる大事な力なので戦闘力として見た場合、鎧さんは強いと思われます。

コメント